台湾ツアー☆2日目は中国結び体験

マニアックなツアーのお知らせ☆
「観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアー」
2日目もまた盛沢山!

日本結びの師匠田中先生からのご紹介で、中国結びの黄老師(中華民国工芸発展協会理事)から直接ご指導して頂けることになりました☆黄先生は日本人の生徒さんにもたくさん教えており、日本語がペラペラ(*^^*)本場の中国結びを学んでみましょう^^

何がいーい?ということで、南国チックなパイナップルはどうでしょう?と、サンプル写真を送って頂きましたが、どれも可愛い~☆☆☆
パイナップル結び

同じ結びを用いたネックレスなども出来るそうです☆房付きパイナップルも面白いですね!作ってみたい~☆

ちなみに、wikiによりますと
---------------------------------
「中国結び」・・・中国大陸及び台湾で考案・発展した、紐を用いた伝統工芸である。数種の基本結びと変化結び、それらの組み合わせより成る。中国結芸、結芸とも呼ばれる。
中国における装飾結びの歴史は古く、古くは春秋時代の遺物にその原型が認められる。

その後中国大陸では、文化大革命の際に他の伝統工芸同様に多くが廃れてしまうが、台湾では大きな影響を受けず、日常に根付いていた。

現在台湾では多くの講師と教室があり、手芸の1ジャンルとして確固たる地位を築いている。大小の展覧会が開かれ、講師の認定試験も毎年行われている。また中国ではかつてはみやげ物・縁起物として簡単な中国結びの製造・輸出を行うに留まっていたが、台湾の技法書や材料が持ち込まれるようになり、次第に民間レベルでも盛んになってきている。近年は高度な技法の結びも考案されている。
---------------------------------

なるほど、それで台湾は中国結びが盛んなんですね。
それにしても最近の台湾人気はスゴイですね!テレビ付けると、台湾特集が多い!!地味に情報収集しておりますv(^^)v


観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアーのお知らせ
◆メドゥプ材料販売ロダンはこちら☆
日本結び文化学会HP




【ポシャギ布屋ロダン】ショップのお知らせ | 【2018-07-03(Tue)】

観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアーのお知らせ

マニアックなツアーのお知らせです☆
「観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアー」
ついに中国結びの本場、台湾にもいくぞ~☆
観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアーのお知らせ

色々詰め込まれた、盛沢山の台湾ツアーとなりました!KJナビツアーズのベテラン添乗員K氏渾身の企画☆
まず1日目。絶対行ってみたかった九フン~☆
こちら、ご参考まで☆
http://www.hankyu-travel.com/guide/taiwan/jiufen.php
昼は普通だけど、夕暮れ時はそれこそ「千と千尋の世界」だーーー!ワクワクしますね~☆
https://www.ana.co.jp/travelandlife/feature/original/vol20/
そして、十分というところでは、ランタン上げ体験も~☆うわ~レトロ感満載だわ^^
https://www.ana.co.jp/travelandlife/feature/original/vol20/
そして台北に戻りお夕食タイム~☆台湾の居酒屋が流行っているらしく(^^)↓こんな感じ?海鮮美味しそう!
https://travel-noted.jp/posts/4208
盛沢山なので、2日目はまた次の記事で☆


観る☆味(み)る☆結ぶ☆台湾&九フン・十分3日間台湾ツアーのお知らせ
◆メドゥプ材料販売ロダンはこちら☆
日本結び文化学会HP




【ポシャギ布屋ロダン】ショップのお知らせ | 【2018-05-24(Thu)】

お問合せにつきまして

お問合せにつきまして、以前からあまりにも多いお問合せの一つに「ブログの作品の作り方について教えてください」というのがありますが、こちらはあまりにもキリがないため、個別のご返信はしておらず、お問合せのページと、よくあるご質問・お問合せのページ、さらには当ブログのサイドにも記載しておりますが、<個別のお問合せには対応しておりませんのでご了承下さい。>と一律このように対応しております。

具体的に例を示したり、この結びとこの結びの違いは?この結びにはなんの紐を使用しているのか?などなど、、、以前は丁寧に返信したりもしていたのですが、そのような場合に限って一切お礼の返事もなく、挙句は私に教えてもらった!として勝手に講師活動などしていた例もあり、さすがにお答えするのは一切控えました(><;)全ての方がそうではないと思いますが、これによりだいぶ消耗しましたので、結びに対するメールのお問合せは一律控えさせていただいておりますのでご了承くださいませ。

お問合せの際には、お問合せページをよくお読み頂き、こちらのページより必須項目をご記入の上、お問合せくださるようよろしくお願いいたします。
(ダイレクトにショップメールアドレスへのお問合せですと、迷惑メールに振り分けられて発見が遅くなる場合がございますのでご了承くださいませ)





【ポシャギ布屋ロダン】ショップのお知らせ | 【2017-03-21(Tue)】

Copyright © 結びのアトリエ ロダン * musubi knots atelier rodan * All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ